Blender4.1のシャープ回避方法

image

たまには真面目な事も書いてみようかなと。

Blender4.1の仕様ままだとこうなってしまう

Blender4.1でFF14のfbxファイルをインポートする時に発生する問題。

これ、何が原因なのかというと「自動スムーズ」というオプション機能の仕様がBlender4.1から変更になった影響なんです。

本来であればコレになってほしい

回避方法はいろいろとあるらしいですが、FF14でModを作っているBlenderユーザーが「手っ取り早く」かつ「確実に回避」する方法は Blender3.6 からアペンドする方法かなと思います。

アペンドとは?

Blenderで他の .blend ファイルからコレクションまとめてインポートする機能。
個人的にはMod制作で当たり前のように使う機能でもあります。

準備するもの

*LTS = 長期サポート安定版

この2つのみ。

ちなみに Blender3.6より前のバージョンはおすすめしません。
理由としては Blender3.5 と Blender3.6 ではデータの保持に明確な違いがあって、3.6は4.1と互換性があるんですが3.5は4.x系と互換性が無いんです。

この辺の話はXでもネットでも情報あるんで気になる方は調べてみてください。

手順

まず、Blender3.6を起動してからfbxをインポートします。

※注意点: .blendファイルを直接起動するとBlender4.1が起動されて作業台無しになる可能性がありますので、必ずBlender3.6を直接起動するのが作業ミスなくておすすめ。

ウィンドウ右下のバージョンが 3.6.9 になっている事を確認
試しにDT版のHyur♀顔のfbxをインポート

一応、シャープが入っていない事を確認して .blend に名前を付けて保存。
ここでは仮に [ Blender_3.6_.blend ] というファイルで保存してます。

Blender3.6 での作業はコレで終了。

その後、作業したい Blender4.1 を起動します。

右下のバージョンが4.1.0である事を確認

Blender3.6で保存した Blender_3.6_.blend からアペンドします。

.blend -> Collection -> Collection (変更してないならこの名前)で選択
編集モードでシャープが入っていない事を確認

という流れになります。

私自身はアペンドを多用するので Blender3.6 でのインポート用ファイルは別途作成しておいて、履歴のようにそのまま3.6でコレクション毎に分けて管理してたりします。

面倒くさいなら Blender3.6 のままでもいい

私がBlender4.1を使っているのは利用頻度の高いアドオンが3.6に対応してないからなのと、今後出るであろうアドオンも基本的には4.x系対応になるので 3.6 はいずれ使いにくくなるのは間違いないから。

アドオンにこだわりが無い人はBlender3.6のままでも良いかなと思います。LTSだしね。